工芸体験の新しい接点をつくる、日本工芸堂のビジョンです。

工芸体験の新しい接点をつくる、日本工芸堂のビジョンです。

「工芸体験の新しい接点をつくる」日本工芸堂のビジョンです。これを実現するためにこれまで商品としての工芸品の販売だけでなく、様々な機会創出に取り組んで参りました。

ビジネスとして工芸、日本文化発展・循環の一端を担うために、

理解する、使う、伝える

のプロセスを加速させる必要があると考えています。当該サイトは主にECサイトを通して「使う」に貢献し、工芸に関心を持ってもらったり、それを伝えることを様々な形態で発信してければと考えています。それが”新しい接点をつくる”アクションと考えています。

その一部をご紹介いたします。

 

工芸体験:ライブ配信、日本工芸コラボトーク

定期的にSNSでのライブ配信(地域の工房などを繋いで配信)しています。趣旨は工芸品の製作する工房や職人さん、プロデュースや流通・経営に関わる方々に取り組みを伺うというもの。普段、他では聞けない裏側?!の取り組みについても根掘り葉掘り疑問点をぶつけていきます。動画と文章で発信しています。
> 日本工芸コラボトーク 書き起こし文面一覧はこちら

工芸体験:体験会、工芸エクスペリエンス

商品としての工芸品(モノ)だけでなく、工芸品や工芸についての製作工程や素材への理解を深めるための体験や学びの場を提供しています。

江戸切子職人の山田さんをお迎えしてのワークショップ風景

 

「四季の美」と共催「漆芸作家、伊藤ミナ子さんによる弟子入り体験」の様子

 

工芸体験:新宿マルイ1F、b8ta出展

"想いをつなぐ"をテーマに歴史を刻み進化を続けるホンモノの工芸品を体験できる展示を実施しました。

新宿マルイを訪れる方に、当ブランドの世界観を体験していただくとともに、大切な方への贈り物を選ぶことを想像しながら、これらの展示品を手に取っていただき、不易流行の逸品である工芸品の魅力を再発見していただきたいと考え実施。

期間中は各地の職人さんとのトークライブ配信・ライブコマースを実施。お客様に工芸品をより身近に感じてもらうため、オンライン×オフラインでの接点づくりを目指しました。

> b8ta Tokyoでの内容詳細はこちら

展示の様子は以下の動画にてご覧ください。

工芸体験:工芸バー

開催のコンセプトは、①切子、銀器、錫器、漆器など各地の酒器を使ってお酒と会話を楽しみます。②紹介制。テーママッチする方のみの参加③伝統文化や工芸の世界への発信に貢献に関心のある方々の参加。

これまでの実施テーマ:工芸x商品開発、工芸xマーケティング、工芸x動画、工芸x地域活性

以降テーマ案:工芸x和食、工芸xお酒、工芸x越境EC、工芸x新規事業、工芸x Amazon、工芸xドラッカー、工芸xメタバース


> 工芸バーについての詳細紹介はこちら

> 伝統工芸士、上川さんご参加で、「飲み比べ思い描く銀器の姿が見えた!」詳細はこちら

 


以下詳細、coming soon

・インターン向け私塾
・中国への越境ライブコマース
・新宿御苑での販売
・中国展示会参加
・インドネシア展示会参加
・伝統工芸、大谷焼POPUP実施