コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

京焼・清水焼

【京都府】

京焼・清水焼は、京都を代表する伝統工芸品であり、その歴史は茶の湯の流行とともに江戸時代初期に始まりました。京焼はもともと東山山麓地域を中心に広がり、清水焼は清水寺の参道である五条坂で焼かれていました。現在では、これらを総称して「京焼・清水焼」と呼び、その形や絵付けには多様性があり、すべての技法が融合しています。

京都は古くから全国の焼き物が集まる市場であり、桃山時代以降は茶の湯の流行に伴い様々な焼き物が作られ、茶人や宮家・公家、各地の大名や寺へ献上されました。江戸時代には著名な名工が登場し、京焼・清水焼の地位を確立。その技術やデザインは京都だけでなく、全国に広まりました。

現在でも京都には300軒以上の窯元が存在し、生産数は限られていますが、その伝統と美しさは今日まで受け継がれています。

並び替え

27 点のお品

フィルター

京焼 マグカップ | 桝色小紋 | 小 | 碧黄石窯京焼 マグカップ | 桝色小紋 | 小 | 碧黄石窯
京焼 マグカップ | 華文鯨 | 小 | 碧黄石窯京焼 マグカップ | 華文鯨 | 小 | 碧黄石窯
京焼 マグカップ | 染付間取牡丹小紋 | 小 | 碧黄石窯京焼 マグカップ | 染付間取牡丹小紋 | 小 | 碧黄石窯
京焼 マグカップ  | 赤描間取牡丹小紋 | 小 | 碧黄石窯京焼 マグカップ  | 赤描間取牡丹小紋 | 小 | 碧黄石窯
京焼 マグカップ | 間取牡丹花づくし | 小 | 碧黄石窯京焼 マグカップ | 間取牡丹花づくし | 小 | 碧黄石窯
京焼 マグカップ | 桝小紋 | 大 | 碧黄石窯京焼 マグカップ | 桝小紋 | 大 | 碧黄石窯
京焼 | 桝色小紋 | 八角平 7寸鉢 | 碧黄石窯京焼 | 桝色小紋 | 八角平 7寸鉢 | 碧黄石窯
京焼 | 桝色小紋 | 小湯呑 | 碧黄石窯京焼 | 桝色小紋 | 小湯呑 | 碧黄石窯
京焼 | 桝色小紋 | 組湯呑 | 碧黄石窯京焼 | 桝色小紋 | 組湯呑 | 碧黄石窯
京焼 | 桝色小紋 | 組茶碗 | 碧黄石窯京焼 | 桝色小紋 | 組茶碗 | 碧黄石窯
京焼 | 桝色小紋 | 柊型鉢 | 碧黄石窯京焼 | 桝色小紋 | 柊型鉢 | 碧黄石窯
京焼 | 桝色小紋 | 8寸皿 | 碧黄石窯京焼 | 桝色小紋 | 8寸皿 | 碧黄石窯
京焼 | 色絵金彩  | 群鶴 5.5寸皿 | 炭渓窯京焼 | 色絵金彩  | 群鶴 5.5寸皿 | 炭渓窯
京焼 | 色絵金彩  | 群鶴 7寸皿 | 炭渓窯京焼 | 色絵金彩  | 群鶴 7寸皿 | 炭渓窯
京焼 ぐい呑 | 色絵金彩 | 青富士 | 炭渓窯京焼 ぐい呑 | 色絵金彩 | 青富士 | 炭渓窯
京焼 ぐい呑 | 色絵金彩 | 赤富士 | 炭渓窯京焼 ぐい呑 | 色絵金彩 | 赤富士 | 炭渓窯
京焼 徳利 | 色絵金彩 | 青富士 | 炭渓窯京焼 徳利 | 色絵金彩 | 青富士 | 炭渓窯
京焼 徳利 | 色絵金彩 | 赤富士 | 炭渓窯京焼 徳利 | 色絵金彩 | 赤富士 | 炭渓窯
売り切れ京焼 | 陶額 | 青富士 | 炭渓窯京焼 | 陶額 | 青富士 | 炭渓窯
売り切れ京焼 | 陶額 | 赤富士 | 炭渓窯京焼 | 陶額 | 赤富士 | 炭渓窯
売り切れ京焼 | 陶額 | 金彩六瓢 | 祐窯京焼 | 陶額 | 金彩六瓢 | 祐窯
売り切れ京焼 | 陶額 | 金彩おしどり | 祐窯京焼 | 陶額 | 金彩おしどり | 祐窯
京焼 | 彩白桜花 | 組飯碗京焼 | 彩白桜花 | 組飯碗
京焼 | 彩赤絵 | 鉄瓶急須京焼 | 彩赤絵 | 鉄瓶急須
京焼 | 紫地白菊 | 組湯呑京焼 | 紫地白菊 | 組湯呑
京焼 | 花結晶ペアカップ | 青・白京焼 | 花結晶ペアカップ | 青・白
京焼 | 花結晶ペアボウル | 青・白京焼 | 花結晶ペアボウル | 青・白