企業名

ビジョン

日本の工芸、職人の技・製法へのこだわりや精神性、歴史背景を理解し商品流通してまいります。日本の工芸品を愛する国内外の人、世の中に広げていきます。

企業情報

商号 日本工芸株式会社 (JapaneseCrafts Co., Ltd.)
代表取締役 松澤斉之
所在地 〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷2丁目39-3
千駄ケ谷ホリタン307
電話 03-5843-0886
URL http://www.japanesecrafts.co.jp
事業内容 EC事業/海外販売事業/サポート事業
取引銀行 みずほ銀行 新宿中央支店
認定登録 ・独立行政法人中小企業基盤整備機構「地域活性化パートナー」企業
・中小企業庁「事業継続力強化計画」認定企業
パートナー
Shopify パートナー
Shopifyは175か国100万ショップ以上で活用されている世界最大級のECサイト開発・運営を助けるプラットフォームです。
展示販売所 〒104-0043
東京都中央区湊3-5-2 itadakiビル2F
※ 事前予約制

登録商標

”日本工芸”は、日本工芸株式会社の登録商標(登録番号第6102875号)。
当社ロゴは、登録商標(登録番号第6102874号)。
工芸の”工”を型取り、色は銀朱(洋名、バーミリオン)。銀朱は保護と再生を表し、古くは『続日本紀』に記載があり、弥生時代にかけては祭事で活用されていました。

自治体など活動実績

  • 2018年11月
    東彼商工会主催、monova運営にて行われた波佐見焼の展示販売会
    個別商談会にバイヤーとして招聘いただき参加。波佐見焼の窯元、地元卸の方々に、商品特性や既存商流での課題点など伺いながら商談。
  • 2018年11月
    総務省主催「地域の魅力発信!移住交流フェア」の体感ゾーン(地域のリアルを体感できるコンテンツ展開)、伝統工芸コーナーの企画・販売
    当社1社での実施。津軽びいどろ、南部鉄器、大阪浪華錫器、別府竹細工、越前漆器、大館曲げわっぱ、四万十ひのきまな板、高岡銅器など販売。
  • 2019年06月
    東京都中小企業振興公社主導による、越境ECを活用したプロモーション支援事業(ECモール展開)
    対象商品の審査会に審査員として参加。
  • 2021年07月
    独立行政法人中小企業基盤整備機構の「地域活性化パートナー」として登録承認
  • 2021年08月
    「とちぎの器」魅力向上研究会(海外展開)”の構成員として委嘱
    益子焼、小砂焼、みかも焼をはじめとする栃木県の伝統工芸品である陶磁器の海外展開。役割は「海外向けバイヤー」として、試作や展示販売に対するアドバイスを行う。
  • 2021年09月
    独立行政法人中小企業基盤整備機構主催で初開催「虎ノ門サポートチャンネル」のチャンネル/生活用品系サポートチャンネルに登壇
    テーマ:「高級工芸品を募集!越境ECによる中国市場への挑戦」
  • 2021年10月
    東京国際フォーラム開催「出会う”日本の手仕事” 関東甲信越静地域の伝統的工芸品」
    伝統工芸品の展示、販売や伝統的工芸品の制作体験)の工芸品バイヤーとして招聘いただき参加。
  • 2021年11月
    (公社) 鹿児島県特産品協会が主催する”かごしまの新特産品コンクール”
    県内で新たに開発・製造・改良された対象商品(工芸雑貨メーカー、34社)の審査員として招聘。
  • 2021年11月
    (公社)福岡県物産振興会主催講演会に登壇
    演題「ECビジネス成功のポイント」福岡県内の中小事業者対象。工芸品、食品メーカー、自治体関係者など100名程度来場。

メディア掲載実績

  • 2021年11月 クラウド会計ソフトfreeeのWEBメディア「金融ナビ」
    日本の工芸品を新たなステージへと引き上げるEC戦略
    【連載コラム】ニッチビジネスの革新的戦略論
    掲載記事はこちらから
  • 2021年08月 日経クロストレンド「伝統工芸×テクノロジー」
    ライブコマースの取り組みについて(伝統工芸×テクノロジー)
    掲載記事はこちらから
  • 2019年03月 Wall Street International Magazine
    top記事「Heart and Mind of Japanese Crafts」True colors of authenticity
    掲載記事はこちらから

代表プロフィール(松澤斉之)

中国四川大学に留学後、96年東京理科大学卒業。
教育事業立ち上げ(現、株式会社ビジネス・ブレークスルー)に参画し、起業家育成学校アタッカーズビジネススクール事務局長就任。
06年新規事業開発支援を特長とするコンサルティング会社、株式会社フロイデ立上げに参画、役員就任。

2012年アマゾンジャパン、ホーム事業部にてインテリア・雑貨・工芸関連商品の担当、シニアバイイングマネジャー業務に従事。信金中央金庫及び信用金庫経由での新規取引メーカー開拓スキームを確立。1000社以上のアマゾンでの販売(EC化)に貢献。

2016年日本工芸株式会社設立し代表就任。工芸品の越境EC事業及び販売事業などを展開。
⇒ 私が工芸の会社を興したわけ https://japanesecrafts.com/pages/reason

【共著】
企業における「成功する新規事業開発」育成マニュアル(日本能率協会総合研究所)

【note記載】

公的機関での主な講演

  • 東京都創業支援Startup Hub Tokyo
    「ECビジネス成功のポイント」
  • 東京都雛人形工業協同組合
    「インターネット通販の現状と対策、伝統工芸の海外展開の可能性」
  • 公益財団法人東京都中小企業振興公社主催”東京くらしのフェスティバル2018”監修及びセミナー実施
    「バイヤーも納得する商品販売のコツ」
    「商談が取れるBtoB営業」
    「展示会出展レビューと今後のアクション」
  • 岡山市主催ECモールセミナー
    「強みを引き出すプロが教える!繁盛するネットショップ運営」
    「大手ネットショップ担当者が語るECモール出店セミナー」
  • Kawasaki-NEDO Innovation Center?
    「ECビジネス成功の6つのポイント」
  • 公益財団法人東京都中小企業振興公社
    事業化チャレンジ道場(ものづくりイノベーション企業創出道場)
  • 新宿区立高田馬場創業支援センター
    「初めてでもわかる!ECビジネス成功のコツ」
  • 大分県企画振興部 令和2年度第1回アジアビジネス研究会
    「越境ECの 課題とポイント」
  • 公益財団法人東京都中小企業振興公社、令和2年度産業セミナー
    「企画発想力人材」の育成・活用