日本の漆器の産地とその違い

漆器といえば、輪島塗を思い浮かべる人が多いようですが、日本国内には輪島塗以外にも多くの漆器の産地があります。例えば蒔絵で有名な金沢漆器、何重にも塗り重ねた馬鹿塗で知られる津軽塗、軽くて丈夫な山中漆器・・・。それぞれの地域の中で育まれてきた漆器ばかりです。今回はその漆器の産地とその歴史、それぞれの違いなどについてご紹介しましょう。

 

伝統的工芸品に指定されている漆器の産地

「伝統的工芸品」とは定められた5つの項目をすべて満たし、伝統的工芸品産業の振興に関する法律に基づく経済産業大臣の指定を受けた工芸品のこと。

この「伝統的工芸品」に指定されている漆器は、現在のところ全国で23カ所。伝統的工芸品に指定されていない漆器も含めると、その数はさらに増えます。

漆と漆器の産地の関係

そもそも漆とは、漆の木から採った樹液のこと。これを生漆(きうるし)といい、そのまま使ったり、精製して使ったりしています。日本に深く根付いている漆ですが、実は中国からやってきた在来種。日本の気候にはあまり馴染まないため、人が手入れをする必要がありました。

日本最古の漆器は縄文時代のものといわれ、岩手県から出土。以来、日本ではなんらかの形で漆の木の手入れをしていた可能性が高いとされています。さらに中世になると、岩手県岩手県二戸市浄法寺町で、浄法寺塗がつくられるように。漆を採取し、木地をつくり、漆を塗るという漆器づくりがすべて地元で行われていたことがうかがえます。

史実としては追えませんが、もし岩手で縄文時代から漆が育てられていたとすると、その歴史は2000年以上。浄法寺町は今でも漆掻き職人が多く、国内の漆の生産量の7割が岩手県で生産されています。

漆器づくりに適した日本

江戸時代になると殖産興業のひとつとして、漆器作りが多くの藩で奨励されたため全国に広がっていきました。

漆器をつくるには良質の木材が近隣から取れること、湿度が高いこと(漆器づくりに適した湿度は80%)などが大切なことから、漆器の産地の多くは山に囲まれ湿度が高いところ、盆地などが多くなっています。盆地でつくられる漆器としては、越前漆器や山中漆器、会津塗、木曽漆器などが有名です。

日本は山が多く、湿度が高いのが気候の特徴。もともと漆器づくりに適した気候だったといえるでしょう。

伝統的工芸品に指定されている漆器の産地

現在、伝統的工芸品に指定されている漆器の産地は下記の通りです。それでは北から・・・。

  • 津軽塗(青森県)
  • 秀衡塗、浄法寺地塗(岩手県)
  • 鳴子塗(宮城県)
  • 川連漆器(秋田県)
  • 会津塗(福島県)
  • 鎌倉彫、小田原漆器(神奈川県)
  • 村上木彫堆朱(新潟県)
  • 新潟漆器(新潟県)
  • 高岡漆器(富山県)
  • 輪島塗、山中漆器、金沢漆器(石川県)
  • 若狭塗(福井県)
  • 木曽漆器(長野県)
  • 飛騨春慶(岐阜県)
  • 京漆器(京都)
  • 紀州漆器(和歌山県)
  • 大内塗(山口県)
  • 香川漆器(香川県)
  • 琉球漆器(沖縄県)

それぞれ、作り方や漆の塗り方など、独自の技術を持ち、特徴のある製品を作っています。

 

漆器で栄えた石川県の産地

輪島塗を生み出した石川県。伝統的工芸品にも3つの漆器が指定されるなど、日本でも有数の漆器の産地であることがわかりますね。ここでは、石川県で漆器がつくられた理由と、それぞれの漆器の特徴をみてみましょう。

石川県で漆器が盛んに作られた理由

石川県ではもともと、ケヤキやアスナロなど木地に向いた木が多く、鎌倉時代から漆器がつくられていたといわれています。その漆器文化が大きく花開いたのは江戸時代。大藩である加賀藩のもと、輪島塗や金沢漆器が庇護されたことがあげられます。輪島塗は丈夫で美しいこと、金沢漆器は金蒔絵の美しさから人気を集めました。

次に、加賀が北前船の寄港地であったことも理由としてあげられます。塗師屋が自ら全国に漆器を売り歩きやすく、顧客をつくっていきました。大名だけではなく庶民にも買いやすいよう工夫を凝らしたりもしていたようです。

また、石川の3つの漆器の産地では、生産が分業制で行われていたため、効率よく漆器が生産できていました。木地、漆塗り、加飾それぞれの工程で担当する職人や工房が分かれ、それぞれに技術を発達させていきました。

○木地の山中「山中漆器」

山中漆器は、石川県加賀市の山深い山中温泉地区で生産されています。安土桃山時代では湯治客へのみやげものとされてきましたが、江戸中頃からは外部から塗りや蒔絵の技術を学び、茶道具をメインにつくっていました。

山中漆器の特徴は、木地を挽く技術が優れていること。丸いお椀や自然な木目の美しさが目をひきます。「木地の山中」ともよばれ、分業の工房のなかでは木地屋が最も多い産地でもあります。技法としては、縦木取・加飾挽き・うすびきがあり、それぞれの木地屋が競うように高度な模様をほどこすようになりました。

>「山中漆器」について詳しく見る

○塗りの輪島「輪島塗」

輪島塗は、能登半島の真ん中あたりの輪島市でつくられる漆器。日本でも塗りというと、輪島を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。最古の輪島塗は室町時代のもので、石川県にある3つの漆器の中で最も歴史ある漆器の産地です。

輪島塗はなんといっても丈夫で美しいのが特徴。「地の粉」と呼ばれる珪藻土を細かく砕き粉にしたものを下地に混ぜ込むことで、丈夫な漆器となります。工程としては、木地づくり・漆塗り・加飾の3つがあり、そのうち漆塗りには、下地をつくるだけで20以上の工程があるものもあります。

○蒔絵の金沢「金沢漆器」

蒔絵の華やかさでは随一の金沢漆器。加賀・前田藩のお膝元である金沢市でつくられています。江戸時代、加賀藩3代当主が高台寺蒔絵の巨匠を招いたことからスタート。平蒔絵、研出蒔絵、高蒔絵、肉合研出蒔絵など、現代に伝わる蒔絵が当時から行われていました。

金沢漆器では蒔絵師、鞘師、靭師、塗師の4つの分業制。よその産地ではあまり見られない珍しい職人の名前から、鞘や矢をいれる靭などにも蒔絵を施していたことがわかります。武具として、食器として、日用品として、金沢漆器は発展していきました。

 

多彩な特徴を持つその他の産地

日本各地でつくられる漆器は、その地域で採れる木や職人のこだわり、庇護者の好みなどによりそれぞれ特徴があることはすでに記しました。ここでは越前漆器、小田原漆器、高岡漆器の特徴、歴史などについて触れてみます。

○堅牢な越前漆器

越前漆器はものづくりの街として知られる、福井県鯖江市を中心につくられている漆器です。その歴史は古く、一説によると1500年も前の大和・飛鳥時代のこと。また、漆の木から漆の樹液を採取する漆掻きも多かったようです。

木地づくり、塗り、加飾がそれぞれ分業制で行われており、それぞれの専門性が高く、堅牢で美しい越前漆器を生むこととなりました。蒔絵や沈金の技法も伝わり、明治になるとお椀など丸いものだけでなく、お膳などいろいろな製品にもチャレンジ。現在では、合成樹脂などを用いた器づくりにも取り組み、外食産業の食器の8割が越前漆器というデータもあります。

>「越前漆器」について詳しく見る

○実用性が高い小田原漆器

小田原漆器は、神奈川県の西部・小田原市でつくられている漆器です。小田原市は、戦国時代は北条氏、江戸時代に入ってからは宿場町として有名で、小田原漆器も北条氏との縁があります。もともと箱根周辺の豊かな森林資源をもとに器をつくっていたことに北条氏が目をつけ、漆器職人を招いたことが小田原漆器のはじまりでした。

ろくろで削った木地に漆を塗っていく小田原漆器ならではの技法のほか、摺り漆塗りなどが行われ、艶やかな木目が特徴です。木地には国産のケヤキを使った堅牢でゆがみが少なく実用性のある漆器で、長く使うことができます。

>「小田原漆器」について詳しく見る

○美を追求した高岡漆器

高岡漆器は、富山湾より少し奥に入った高岡市で作られています。江戸時代初期、加賀藩2代藩主前田利長が高岡城を築いたとき、塗りの日用品をつくらせたのがはじまりといわれています。

貝殻の光沢が美しい青貝をもちいた青貝塗、中国・明の漆器の作り方を研究した結果生まれた勇輔塗、彫刻の上に漆を塗り、さらに彫刻を施す彫刻塗など3つの技法で有名です。町民文化に根付いた漆器で、高岡の祭り「高山御車山祭」では御車山にその技術を見ることができます。

>「高岡漆器」について詳しく見る

 

産地の違いを感じて、毎日使う漆器を選んでみては?

日本各地にある漆器の産地では、歴史はもちろん、素材となる木、漆の塗り方、装飾の施し方などそれぞれに特徴があります。毎日の食事に使えるものから、結婚式などハレの日に用いるものなどいろいろな漆器があり、日々異なる漆器を楽しむことができます。

自分の好みやそのときの気分・料理、使う場面などから、毎日違う漆器を選ぶと、食卓がもっと豊かなものになりますよ。

【あわせて読みたい】
「伝統工芸の魅力」記事一覧