薩摩切子と江戸切子はどう違うの?そもそも切子って何?

薩摩切子と江戸切子はどう違うの?そもそも切子って何?

透明度の高いクリスタルガラスに、繊細なカットを施した切子。夏になると涼やかさを感じる器として、料亭などの料理を彩ります。

この切子が誕生したのは、江戸時代後期のこと。江戸でガラスに切子文様を入れることがはじまり、やがて南国・薩摩でも切子が作られるようになりました。今でも切子というと、多くの人が薩摩切子と江戸切子を思い浮かべるのではないでしょうか。

今回は日本で生まれた二大カットガラス、江戸切子と薩摩切子の歴史や誕生の背景の違いに迫ってみましょう。

 

そもそも切子とは

切子のもともとの意味は、立方体の角を切り落とした形をさす切籠形(きりこがた)から来たといわれています。江戸時代後期はじめてガラスに触れた人々にとって、切子という響きのよさ、その美しさは驚きを持って迎えられました。

今でも多くの人に愛される切子は、どのようにして誕生したのでしょうか。

和ガラスの歴史

現在日本に残る最も古い切子の器は、正倉院の白瑠璃(はくるり)の碗と言われています。日本史の資料集などで目にしたことがある人も多いかと思います。この碗は、ササン朝ペルシア(3~7世紀)の後期にメソポタミア地方で作られたもので、シルクロードを伝って渡来したものです。その後、日本ではガラスの器の歴史は一時途絶えました。

再び日本の歴史にガラスが登場するのは、16世紀ポルトガル船が種子島に漂着した頃のこと。その後、宣教師たちが来日するようになり、日本にカットガラスなどが持ち込まれ、ギヤマン、ビイドロと呼ばれて人気を集めました。その後、長崎でガラス作りが行われるようになり、江戸時代になると、大阪、江戸、薩摩をはじめ、全国で作られるようになっていったのです。

日本独自のカットグラス「切子」

江戸切子の祖は、江戸時代後期の加賀屋久兵衛というガラス問屋。この問屋のもと、江戸で初めてのガラスが作られ、さらに切子の製法も生まれました。

西欧文化の伝来を受けてはじまったガラス作りですが、面白いのはその製法が西欧の影響を受けていないところ。当時、欧州で作られていたガラスの多くはソーダ石灰ガラスだったのに対し、長崎で作られたガラスは中国・宗と同じ鉛ガラスでした。

また、カットの技法も欧州と大きく異なります。欧州のカットガラスが円盤状の工具を回してカットするのに対し、江戸時代の日本の切子は金属の棒に研磨剤をつけて手作業による摩擦でカット文様を作る製法です。この後、明治前期に至るまでこの製法が和ガラスとして作られ続けました。

クリスタルガラスの一種「切子」

ひとことでガラスといっても、炭酸ナトリウムが使われているソーダガラス、二酸化ケイ素を多く含む耐熱ガラスなど様々なガラスが存在します。

切子はその中でもクリスタルガラスの一種。クリスタルガラスとは、素材に酸化鉛を含んだ鉛ガラスであり、最高級のガラスとされています。鉛ガラスは屈折率、透明度が高く、酸化鉛を多く含むほど指でガラスの表面を弾いたときに「キーン」という金属のような澄んだ高い音がするのが特徴です。

 

 

江戸切子と薩摩切子、それぞれの誕生秘話

日本の代表的な切子、江戸切子と薩摩切子はどちらも江戸後期に誕生しました。ですが、その誕生の背景や歴史は大きな違いがあります。どんな違いがあるのでしょうか?

庶民の文化から生まれた江戸切子

江戸でガラスが初めて作られたのは1711年頃、吹き竿を用いた吹きガラスが作られたということが『嬉遊笑覧』という本に記されています。

切子が作られたのは、さらに時代が進んだ1820年代後半。加賀屋久兵衛により引札(チラシのようなもの)に切子を施したのがはじまりとされています。

1830年代になると加賀屋により研磨剤を用いた技術が誕生し、多くのガラス職人によって切子が作られるようになりました。食器、風鈴、重箱、墨置き、手拭いかけ・・・。日常の様々な道具が切子で作られるようになり、特に風鈴は江戸の夏の風物詩として人気を集めました。このようにして、江戸切子は庶民に愛される日用品となっていったのです。

>江戸切子の商品ページへ

島津藩御用達として作られた薩摩切子

島津・薩摩藩に江戸のガラス技術が伝わったのは、第27代藩主・島津斉興 (なりおき) の時代です。斉興は加賀屋の腕利きの職人・四本亀次郎を薩摩へと招き、ここから薩摩のガラスの歴史がはじまりました。

薩摩藩で切子文化が花開いたのは、名君として名高い第28代藩主・島津斉彬(なりあきら)の時代であることはあまりにも有名です。斉彬は切子を藩の産業のひとつにしようと試み、色ガラスの研究を奨励しました。結果、 紅・藍・紫・緑といった色を生み出すことに成功。中でも赤に発色したガラスは薩摩の紅ガラスといわれるようになり、薩摩切子を代表する色となりました。

しかし、薩摩切子は斉彬の死後急速に衰退。斉彬が藩主だったのは1851年〜1858年のわずか7年間だったこともあり、薩摩切子は幻の切子と呼ばれるようになったのでした。

現在、製造されている薩摩切子は、島津家に残されている資料や残された薩摩切子をもとに復元されたもの。1985年、鹿児島県の協力も仰ぎつつ「薩摩ガラス工芸」の手により、薩摩切子が現代へ蘇りました。

>薩摩切子の商品ページへ

江戸切子だけが国の伝統的工芸品になった理由

江戸切子は国(経済産業省)が定める伝統工芸品のひとつなのに対し、薩摩切子は伝統工芸品に指定されていません。伝統的工芸品に指定されるには5つの要件を満たさなければなりませんが、薩摩切子は一度技法が失われてしまったこと、日常生活で使われている器ではないことなどからそれらの要件を満たせないのです。

ただし、薩摩切子は鹿児島県の伝統工芸品には指定されており、「薩摩ガラス工芸」は「鹿児島県指定 伝統的工芸品の証」と記された指定シールを発行されています。同じく江戸切子も東京都の伝統工芸品にも指定されており、薩摩切子と違い、多くのガラス職人によって支えられています。

 

江戸切子と薩摩切子、どうやって見分ける?

庶民に愛された江戸切子と薩摩藩が育てた薩摩切子では、歴史や成り立ちだけでなく、その製法・外見も大きく異なります。2つの切子の違いはどこにあるのでしょうか?それぞれの外観の特徴さえ知ると、その見分け方は意外に簡単です。

 

シャープなカットが特徴 小粋な江戸切子

江戸時代に作られた江戸切子はすべて無色透明。現代では薩摩切子と同じように色被ガラスを用いるのが主流となっています。しかし、薩摩切子のカットは「ぼかし」が特徴であるのに対し、江戸切子は色ガラスと透明ガラスのコントラストがよりシャープではっきりとしています。

また、江戸切子は文様も粋な江戸っ子に好まれる直線を生かしたものが多く、魚子文(ななこもん) や麻の葉文など、庶民に親しみがあるものがモチーフになっているのが特徴です。

重厚な薩摩切子の秘訣は「ぼかし」にあり

薩摩切子の特徴は、色の濃いところから中面へいくにつれて段々と色彩が薄くなる、その独特なグラデーションにあります。このグラデーションは「ぼかし」といわれ、透明ガラスの上に色ガラスを被せた分厚い色被せガラスにカットすることで生まれます。

欧州のボヘミアングラスなどでは色被せガラスを型取りで作りますが、薩摩切子では吹きガラスに近い作り方で吹き竿にとった透明ガラスに色ガラスを手作業で被せていきます。そのため、色付きのカットグラスの中でも分厚く、重厚なガラスとなります。薩摩藩によって保護・奨励されたからこそできる、贅沢な作り方といってよいでしょう。 

 

違うからこそ面白い
それぞれの違いを手に取り楽しんで

江戸切子と薩摩切子は両方を手に取って見比べてみると、その違いがはっきりとします。シャープで明快、光をあてるとキラキラと輝く江戸切子、緩やかなカット、光をあてると幻想的な輝きを帯びる薩摩切子。どちらも江戸時代の和ガラスの歴史や伝統を感じさせてくれます。

現代では伝統工芸品としても美術品としても、海外でも注目を集めており、どちらも後世に残したい切子といえます。

切子ガラスは酒器などによく使われていますので、ビールや冷酒を切子で味わって、その歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょう。

【あわせて読みたい】
「伝統工芸の魅力」記事一覧