日本の手仕事 伝統工芸品で心のこもったお返しを

日本の手仕事 伝統工芸品で心のこもったお返しを

日本の手仕事 伝統工芸品で心のこもったお返しを

日本には贈り物の文化があり、人生の節目においてそれぞれにふさわしい贈り物のマナーがある。また、欧米の文化が定着した現代でも奥ゆかしいお返しのマナーがあり、そうしたマナーを知っておけば、目上の人への対応も安心だ。心が込もったものは何でもうれしいものだが、温もりが伝わる伝統工芸品をお返しの品にしてみてはいかがだろう。結婚、出産、快気祝い、その他の御礼について、マナーやおすすめの伝統工芸品をまとめた。

お返しは半返しが基本

贈り物をいただいたら、お返しするのが基本。いただいた額の半額(「半返し」)と考えると間違いがない。

お返しには、次のような名目がある。

  • 結婚、出産など…内祝い
  • 御礼、香典返し
  • お中元・お歳暮(基本的に、お返しは必要ないとは言われる)

「半返し」というのは慣習であって、必ずしも従わなくてもよい。親しい間柄などで値の張るものをお返しとして贈ると、かえって相手に気を使わせてしまう場合もある。「感謝の気持ちを込めて」ということがポイントなので、値段だけを基準にするのではなく、相手が喜んでくれる良い品を選びたい。

名目ごとのお返しの例

お返しの例としては、次のようなものが一般的である。

  • 出産…一般的によく選ばれるのは、タオル類、洗剤などの消耗品、日持ちのする食品
  • 結婚…とくに決まりはない
  • 新築祝い…菓子折り、タオルなど

とはいえ、最近ではその人のライフスタイルに合わせたものや、個性やセンスの効いたものが贈られることも多く、そういったものが喜ばれている。要は心が込もっていることが大切だ。

温もりのある伝統工芸品のお返し

先方の心のこもった贈り物へのお返しは、お決まりのものや、形がなくなってしまうものではなく、印象に残り、喜ばれる品にしたい。自分ではなかなか買う機会がないかもしれないが、センスの良い工芸品などは、もらうとうれしいものだ。

結婚の内祝いには、ペアの江戸切子グラスや、めでたい蒔絵があしらわれている漆器もよい。オーダーメイドを受け付けている工房もあるので、名入れをしてもらうのも一案。出産の内祝いにも最適だ。

普段使いの漆器なら、さまざまな名目の半返しのコンセプトに沿った御礼の品となるだろう。豪華すぎず、実用に適した品は、「お返し」として贈るのにふさわしい。木曽の漆器は、丈夫で長持ちするため、普段の食事にも使っていただくことができる。

入学祝いのお返しや快気祝いなどは、センスの効かせたものが喜ばしさを倍増させ、印象に残る御礼となる。食料品や日用品が贈られることも多いが、相手の方の年齢や好みに合わせて、洒落た伝統工芸品を贈るのもよいだろう。

どのような機会にお返しを贈るときも、相手の状況を考えるのがマナー。サイズが大きいものや重たいものなどは、相手の負担になる可能性がある。価格もサイズもちょうど良いものを選びたい。

多くの選択肢の中から最適なものを

お返しのマナーとして、「贈るタイミング」も考慮したい。あまり早すぎると、前々からお祝いをもらうことを期待していたという印象を与えてしまうが、遅すぎても、相手に心配をかけてしまう場合がある。しかし、贈り物を贈られる時期には、何かと忙しく、ゆっくりと買い物に出かける暇がないことも多い。そこでおすすめなのが、通販サイトを利用すること。店に出向かないでも、多種多様な商品の中からお返しを選ぶことができる。伝統工芸品も、通信販売で購入することが可能だ。

ただし気を付けたいのが、サイズ感や質感だ。ウェブページ上の画像をパッと見ただけでは、正確な大きさが把握できないこともあるので、具体的なサイズを必ずチェックしよう。質感についても、画像からイメージするだけではなく、商品の説明文で素材を確認したほうがよい。こうしたことに注意し、ぜひ御礼の気持ちをうまく表現できる品を選んでほしい。