日本工芸堂

haku硝子 ロックグラス HIBANA 火華 / 瑠璃

¥32,400 [税込]
  • haku硝子 ロックグラス HIBANA 火華 / 瑠璃

日本工芸堂

haku硝子 ロックグラス HIBANA 火華 / 瑠璃

¥32,400 [税込]

若き江戸切子作家がアンバーガラスに刻む 燃えさかる炎のゆらめき

繊細さと力強さが共存する炎のグラス

グラスの底をのぞきこむと、輝く炎が見える。そんな江戸切子のグラスがある。 繊細なカッティングが多い江戸切子の中で、深く太いカットが特徴的なhaku glassは、独特の世界観を醸し出す、人気の工房。

中でも、東京手仕事の対象商品の1つとして作られた火華(ひばな)は、底から立ち上がるような太い曲線が特徴のグラスだ。 燃えさかる炎に包まれたような太く深いカットは、ブルーとアンバーを重ねた色ガラスを使うことで、より、印象的になった。

江戸切子らしからぬ、動きのある、不規則な太い曲線の上には、江戸切子の伝統文様である菊繋ぎ文の細く繊細なカット。その対照的なデザインが、見る人の目を奪い、心を掴む。自分らしさを愛する方への贈り物にもおすすめしたい。

新進気鋭の江戸切子作家が作るゆらぎの世界

「江戸切子に魅せられて、この道を選んだ」という若手の江戸切子作家、三田村義広氏。伝統的江戸切子の紋様の中に、いかに自分らしさを表現するか、そして、使ってもらえる商品を作ることにこだわる作家だ。

「三田村の商品が欲しい、ではなく、目の前のグラスを見て『コレが欲しい』と言ってもらいたい」。そんな思いが、1つひとつのグラスに込められている。 その表現の1つが、躍動感を感じさせる太く深い曲線と、細く複雑な直線を浅く入れた独特のデザイン。

江戸切子を感じさせながら、江戸切子を進化させたようなゆらぎの世界は、繊細さと気骨さをあわせ持つ三田村氏をそのままカットしたよう。今、国内外から注目を集めている作家の、これからの作風にも期待しよう。

 

商品詳細

・素材:クリスタル

・本体サイズ:縦 8 × 横 8 × 高 9 cm

・本体重量:150g

使用上の注意

強い衝撃は破損につながりますのでご注意ください。

    • Gallery
    • Description

    若き江戸切子作家がアンバーガラスに刻む 燃えさかる炎のゆらめき

    繊細さと力強さが共存する炎のグラス

    グラスの底をのぞきこむと、輝く炎が見える。そんな江戸切子のグラスがある。 繊細なカッティングが多い江戸切子の中で、深く太いカットが特徴的なhaku glassは、独特の世界観を醸し出す、人気の工房。

    中でも、東京手仕事の対象商品の1つとして作られた火華(ひばな)は、底から立ち上がるような太い曲線が特徴のグラスだ。 燃えさかる炎に包まれたような太く深いカットは、ブルーとアンバーを重ねた色ガラスを使うことで、より、印象的になった。

    江戸切子らしからぬ、動きのある、不規則な太い曲線の上には、江戸切子の伝統文様である菊繋ぎ文の細く繊細なカット。その対照的なデザインが、見る人の目を奪い、心を掴む。自分らしさを愛する方への贈り物にもおすすめしたい。

    新進気鋭の江戸切子作家が作るゆらぎの世界

    「江戸切子に魅せられて、この道を選んだ」という若手の江戸切子作家、三田村義広氏。伝統的江戸切子の紋様の中に、いかに自分らしさを表現するか、そして、使ってもらえる商品を作ることにこだわる作家だ。

    「三田村の商品が欲しい、ではなく、目の前のグラスを見て『コレが欲しい』と言ってもらいたい」。そんな思いが、1つひとつのグラスに込められている。 その表現の1つが、躍動感を感じさせる太く深い曲線と、細く複雑な直線を浅く入れた独特のデザイン。

    江戸切子を感じさせながら、江戸切子を進化させたようなゆらぎの世界は、繊細さと気骨さをあわせ持つ三田村氏をそのままカットしたよう。今、国内外から注目を集めている作家の、これからの作風にも期待しよう。

     

    商品詳細

    ・素材:クリスタル

    ・本体サイズ:縦 8 × 横 8 × 高 9 cm

    ・本体重量:150g

    使用上の注意

    強い衝撃は破損につながりますのでご注意ください。