コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: 法人ギフトに伝統工芸品が選ばれる理由とは?贈答品、周年記念など

法人ギフトに伝統工芸品が選ばれる理由とは?贈答品、周年記念など
#工芸を知る

法人ギフトに伝統工芸品が選ばれる理由とは?贈答品、周年記念など

伝統工芸品が法人ギフトに選ばれる理由とは何か?

伝統工芸品が法人ギフトに選ばれる理由には、以下のようなものが挙げられます。

高級感や品質の良さがあるため、贈答品としての価値が高い

伝統工芸品は、職人による手作りや高い技術力によって作られているため、一般的な製品と比べて高級感があり、品質が良いとされています。そのため、贈答品としての価値が高いと考えられています。

地域性や文化的な価値があるため、贈られた相手に印象づけることができる

伝統工芸品は、その土地や地域の歴史や文化を反映している場合が多く、独自性があるため、贈られた相手に印象づけることができます。先方の創業地や創業者にゆかりのある産地の品など選ぶのもいいでしょう。

環境にやさしいため、社会的な意識の高さをアピールできる

伝統工芸品は、自然素材を使用することが多く、環境にやさしい製品であることが多いです。そのため、企業が社会的な意識をアピールするために使用することがあります。

>SDGsと伝統工芸についてはこちら

オリジナリティがあり、個性的な贈り物として選ばれることがある

伝統工芸品は、職人の手作りでオリジナリティがあり、個性的な贈り物として選ばれることがあります。職人のこだわり点や産地特有の素材選定など送り手の企業の事業取り組みとの共通点を見出せる品選びがより効果的です。


以上のような理由から、伝統工芸品は法人ギフトとして選ばれることが多く、高い評価を受けています。

 
虎ノ門、CoCoJAPANコンシェルジュデスク

日本工芸堂では、法人様のご要望に応じてさまざまな販促物・法人記念品などシーンに合わせたご提案が可能です。


伝統工芸品を法人ギフトとして贈る際のマナーとは?

贈る相手をよく考える

贈る相手の嗜好やビジネス上の立場、企業のイメージに合わせて、適切な工芸品を選ぶことが大切です。

ラッピングにもこだわる

伝統工芸品はその美しさや風格が重要な要素です。ラッピングにもこだわって、品物の美しさを引き立たせましょう。

日本工芸堂提供のギフトサービスはこちら

意味や由来を説明する

伝統工芸品は、その製法やデザインには意味や由来があります。贈る相手に対して、その情報を伝えることで、より一層価値を高めることができます。

適切なタイミングで贈る

贈る相手に合わせて、適切なタイミングで贈ることが重要です。誕生日や記念日など、相手の特別な日に贈ることで、より印象的な贈り物となります。


贈答状を添える

伝統工芸品を贈る場合は、贈答状を添えることもあります。贈り物の品物の価値や由来、感謝の気持ちなどを述べることで、相手に丁寧な気持ちを伝えることができます。

以上が、伝統工芸品を法人ギフトとして贈る際のマナーになります。贈り物は相手に喜んでもらえることが一番ですので、その点を常に念頭に置いて選ぶようにしましょう。


森トラストホテル&リゾーツ様のお客様への贈り物として採用。

木箱へのメッセージ・文字・名入れサービスについてはこちら

 


伝統工芸品が法人ギフトとして使われるのはどんな時か?

伝統工芸品は、ビジネスシーンでの贈り物としても人気があります。以下は、どのような場面で伝統工芸品が法人ギフトとして使われるかの例です。


取引先との信頼関係を深めるための贈り物

取引先との信頼関係を築くために、記念日や節目などに贈り物をすることがあります。周年記念や新会社設立、上場記念など伝統工芸品は、高級感があり、品質も高いため、取引先に喜ばれることが多いです。

社内での表彰や記念品として

社員の士気を上げるために、目標達成や昇進、長期勤続などの成果を表彰する場合に、伝統工芸品を贈ることがあります。また、退職祝いや定年退職のお礼としても選ばれることがあります。

国際交流の場での贈り物

海外のビジネスパートナーや外交団体との交流の場で、日本の伝統文化を紹介するために伝統工芸品を贈ることがあります。また、海外のお客様への贈り物や、現地赴任の際の手土産にも用いられることがあります。
海外へのお土産について一覧はこちら

顧客への感謝の気持ちを込めた贈り物

企業が顧客に対して感謝の気持ちを伝えるために、クリスマスや年末年始などの季節の贈り物として伝統工芸品を選ぶことがあります。

以上のように、伝統工芸品は、ビジネスシーンでも幅広く使われる贈り物として注目されています。

法人ギフトとして伝統工芸品を選ぶ際のポイントや注意点は?

法人ギフトとして伝統工芸品を選ぶ際のポイントや注意点は以下の通りです。

相手企業の特徴を考慮する

相手企業の業種や規模、地域性などによっては、特定の伝統工芸品が好まれることがあります。相手企業の特徴を把握して、適切な伝統工芸品を選びましょう。

相手企業のイメージに合ったものを選ぶ

相手企業のイメージに合わせた伝統工芸品を選ぶことで、贈り物の印象が良くなります。例えば、伝統的な和風のイメージのある企業には、和紙や和雑貨、和菓子などが適しています。

品質の確認をする

伝統工芸品は一点一点手作りされていることが多く、素材や技術によって品質に差が出ることがあります。品質の良いものを選ぶためには、作り手の情報を調べたり、直接見て確認することが大切です。

ギフト用の包装やメッセージカードにもこだわる

伝統工芸品を贈る場合は、ギフト用の包装やメッセージカードにもこだわりましょう。包装紙やリボンは、伝統的な和風のものや、伝統工芸品の模様をあしらったものが良いでしょう。

贈り物としての意味を伝える

伝統工芸品は、ただのプレゼントとして渡すだけでなく、その背景や歴史、技術的な価値などについても説明すると、より意味のある贈り物となります。相手企業に対して、敬意や感謝の気持ちを込めて贈りましょう。


以上が、法人ギフトとして伝統工芸品を選ぶ際のポイントや注意点です。相手企業に合った、品質の高い伝統工芸品を選び、意味を伝えながら贈り物として贈ることで、相手企業に好印象を与えることができます。

法人・個人ギフト名入れ事例

海外のお客様に伝統工芸品をお贈りする際の留意点とは?

文化の違いを理解する

伝統工芸品は文化の象徴であり、国や地域の独自性を表現しています。海外のお客様に贈る際は、その文化の違いを理解し、相手にとってどのような意味を持つものかを考慮する必要があります。

輸出規制の確認

送り先の国によって、素材として受け入れ規制がかかっているものもあります。これは伝統工芸品に限ったわけではありませんので、海外に贈る場合は、各種の輸出規制を確認して適切な手続きを行いましょう。

包装や梱包に注意する

海外に贈る場合は、商品が傷つかないような厳重な梱包が必要です。また、贈答品として贈る場合は、包装にもこだわり、相手の文化に合わせたデザインやカラーを選ぶことが大切です。

日本工芸堂バイヤーおすすめの法人ギフトをご紹介

周年記念のお祝い

企業や組織が一定の年数を迎えたことを祝い、社員や取引先、顧客などを招いて懇親会や式典を開催したり、それに伴い贈答品をお送りしたりします。企業の実績や信頼を再確認し、今後のビジネス展開につなげることができる重要な機会となっています。

自社ロゴやお取引先社名・周年年数などを工芸品そのものや納めている桐箱に文字入れすることができます。

贈答品

取引先への贈答品は、新規契約や重要な取引成立、年末年始の挨拶などのシーンで贈られます。また、取引先の節目や社員の昇進・退職を祝う場合にも贈られることがあります。

新会社設立のお祝い

新たに設立された会社の開業を祝うために関係者や協力企業、取引先、家族や友人に向けて、お祝いのメッセージや贈り物が送られることがあります。取引先への贈り物は、ビジネス上の関係を深めるための意義のある品が選ばれます。

海外のお客様への手土産

海外のお客様への手土産は、ビジネスマナーの一つとして重要です。国や地域によって贈り物の種類や渡し方が異なりますが、日本らしい工芸品、文化的な背景のある品が人気の贈り物です。

 

【あわせて読みたい】
「伝統工芸の魅力」記事一覧