日本工芸堂

樺細工 輪筒4色茶筒さくら

¥16,200 [税込]
  • 樺細工 輪筒4色茶筒さくら

日本工芸堂

樺細工 輪筒4色茶筒さくら

¥16,200 [税込]

樹皮の豊かな表情を活かした

新たな樺細工の世界

 

それぞれの木の魅力を、1つの筒で味わう

樺細工といえば、茶筒。桜の樹皮を使った筒は、蓋と容器がぴったりと合わさり、どんな環境でも密閉性を保ってくれる。それこそが樺細工職人が長年培ってきた「型物」の製法が為せる技だ。

この技法を活かしながら、現代の暮らしに馴染むものを作ろう、と生み出された新しい商品がこの輪筒。3つの異なる樹皮を組み合わせて、自然の木が持つ豊かな表情が楽しめる、モダンな筒になった。桜皮、くるみ、さくら、かえでの皮の組み合わせは、順番によって、たちまち表情を変える。

4色茶筒は、4種の木の皮をすべて使い、それぞれの組み合わせの妙を楽しむ茶筒。

「さくら」は薄い茶色の木肌が優しい印象の桜材を蓋に、樺細工ならではの桜皮の部分を胴に使い、つややかに磨き上げた幹の模様が引き立つようにした組み合わせ。

伝統的な樺細工の魅力を感じさせながら、日常の暮らしに馴染むカジュアルな印象になった。高い防湿性はお茶だけでなく、薬などの入れ物にも最適だ。

樺細工の楽しみは、経年変化にもある。愛用するごとに深くなる色合いと増していくツヤを楽しみに、使い続けていただきたい。

 

産地と職人の未来を見据えた樺細工

樹皮を加工してモノづくりをする樹皮細工の産地は、世界的にも角館だけ、と言われている。中でも角館伝四郎は創業嘉永4年(1851)年の老舗だ。

もともと、樺細工の問屋だったが、産地と職人を守り、未来へつなぐという思いをもって、自社商品の製造を始めた。それが、輪筒など樺細工の伝統技法を使いながら、現代の暮らしに馴染む新しい商品だ。

伝統には守るべきものと変わるべきものがある。職人が受け継いできた技法は変えず、デザインや商品性を変えていく。それが、角館伝四郎が目指した伝承の姿だった。

自然を愛する日本人だからこそ生み出した、一つひとつ表情が異なる樹皮を使った工芸品。その魅力は、今や世界の注目を集め、ジャパニーズクラフトの真髄を伝える商品に育ちつつある。

 

商品詳細

・素材:桜皮

・本体サイズ:Φ8.2 × 12.2 cm

・本体重量: 150 g

使用上の注意

強い衝撃は破損につながりますのでご注意ください。

  • Gallery
  • Description

樹皮の豊かな表情を活かした

新たな樺細工の世界

 

それぞれの木の魅力を、1つの筒で味わう

樺細工といえば、茶筒。桜の樹皮を使った筒は、蓋と容器がぴったりと合わさり、どんな環境でも密閉性を保ってくれる。それこそが樺細工職人が長年培ってきた「型物」の製法が為せる技だ。

この技法を活かしながら、現代の暮らしに馴染むものを作ろう、と生み出された新しい商品がこの輪筒。3つの異なる樹皮を組み合わせて、自然の木が持つ豊かな表情が楽しめる、モダンな筒になった。桜皮、くるみ、さくら、かえでの皮の組み合わせは、順番によって、たちまち表情を変える。

4色茶筒は、4種の木の皮をすべて使い、それぞれの組み合わせの妙を楽しむ茶筒。

「さくら」は薄い茶色の木肌が優しい印象の桜材を蓋に、樺細工ならではの桜皮の部分を胴に使い、つややかに磨き上げた幹の模様が引き立つようにした組み合わせ。

伝統的な樺細工の魅力を感じさせながら、日常の暮らしに馴染むカジュアルな印象になった。高い防湿性はお茶だけでなく、薬などの入れ物にも最適だ。

樺細工の楽しみは、経年変化にもある。愛用するごとに深くなる色合いと増していくツヤを楽しみに、使い続けていただきたい。

 

産地と職人の未来を見据えた樺細工

樹皮を加工してモノづくりをする樹皮細工の産地は、世界的にも角館だけ、と言われている。中でも角館伝四郎は創業嘉永4年(1851)年の老舗だ。

もともと、樺細工の問屋だったが、産地と職人を守り、未来へつなぐという思いをもって、自社商品の製造を始めた。それが、輪筒など樺細工の伝統技法を使いながら、現代の暮らしに馴染む新しい商品だ。

伝統には守るべきものと変わるべきものがある。職人が受け継いできた技法は変えず、デザインや商品性を変えていく。それが、角館伝四郎が目指した伝承の姿だった。

自然を愛する日本人だからこそ生み出した、一つひとつ表情が異なる樹皮を使った工芸品。その魅力は、今や世界の注目を集め、ジャパニーズクラフトの真髄を伝える商品に育ちつつある。

 

商品詳細

・素材:桜皮

・本体サイズ:Φ8.2 × 12.2 cm

・本体重量: 150 g

使用上の注意

強い衝撃は破損につながりますのでご注意ください。