日本工芸堂

越前漆器 汁椀日月木地呂

¥7,560[税込]
  • 越前漆器 汁椀日月木地呂

日本工芸堂

越前漆器 汁椀日月木地呂

¥7,560[税込]

塗り重ねた漆と丸みのあるかたちが

ぬくもりを伝える汁椀

 

 

木目が透ける木地呂塗りの美

越前漆器は、漆を知り尽くした漆かき(漆を採集する職人)が、自分が使う器に漆を塗ったことに始まる暮らしの漆器。漆をどう使えば器が美しく丈夫になるかを考えて作られている。そんな越前漆器の特徴に蒔絵の華やかさをシンプルなデザインで加えたのが、この汁椀。金と銀の大きな丸は、月と太陽を表している。

さらに、使われている木地呂塗りという手法は、質の良い透明な漆を塗り重ねることで、木目や模様が透けて見えるようにした方法。使うほどに漆は美しく透けていき、木目や蒔絵をよりきれいに見せてくれる。使うことで、変化していく色合いも楽しみたい。毎日の食卓に、ほんの少し華やかさを添えてくれる、そんなお椀だ。

 

 

伝統に「今」の感性を融合させ、現代に漆器のある暮らしを

土直漆器は、1500年の歴史をもつ越前漆器の産地の中でも、現代の暮らしに溶け込む新たな製品づくりに挑戦しているメーカー。代々、職人たちが受け継いできた、日々の暮らしの中で使えるような丈夫さを実現する高度な塗りの技術に、若手デザイナーや若い職人の新たなアイデアを加え、タンブラーやマグボトル、アイフォンケースなどの商品を生み出してきた。

現代の暮らしに寄り添う商品とはいえ、伝統工芸ならではの、和の伝統文様にもこだわり、新しさの中に、伝統技術の魅力を十分に伝えてくれる商品にこだわっている。年代を問わず、多くの人に毎日使いたいと思わせる新たな商品が、これからも生まれてくるに違いない。

 

商品詳細

・素材:木製、漆塗

・本体サイズ:Φ 12.5 × 7.4 cm

・本体重量:140 g

使用上の注意

強い衝撃は破損につながりますのでご注意ください。

  • Gallery
  • Description

塗り重ねた漆と丸みのあるかたちが

ぬくもりを伝える汁椀

 

 

木目が透ける木地呂塗りの美

越前漆器は、漆を知り尽くした漆かき(漆を採集する職人)が、自分が使う器に漆を塗ったことに始まる暮らしの漆器。漆をどう使えば器が美しく丈夫になるかを考えて作られている。そんな越前漆器の特徴に蒔絵の華やかさをシンプルなデザインで加えたのが、この汁椀。金と銀の大きな丸は、月と太陽を表している。

さらに、使われている木地呂塗りという手法は、質の良い透明な漆を塗り重ねることで、木目や模様が透けて見えるようにした方法。使うほどに漆は美しく透けていき、木目や蒔絵をよりきれいに見せてくれる。使うことで、変化していく色合いも楽しみたい。毎日の食卓に、ほんの少し華やかさを添えてくれる、そんなお椀だ。

 

 

伝統に「今」の感性を融合させ、現代に漆器のある暮らしを

土直漆器は、1500年の歴史をもつ越前漆器の産地の中でも、現代の暮らしに溶け込む新たな製品づくりに挑戦しているメーカー。代々、職人たちが受け継いできた、日々の暮らしの中で使えるような丈夫さを実現する高度な塗りの技術に、若手デザイナーや若い職人の新たなアイデアを加え、タンブラーやマグボトル、アイフォンケースなどの商品を生み出してきた。

現代の暮らしに寄り添う商品とはいえ、伝統工芸ならではの、和の伝統文様にもこだわり、新しさの中に、伝統技術の魅力を十分に伝えてくれる商品にこだわっている。年代を問わず、多くの人に毎日使いたいと思わせる新たな商品が、これからも生まれてくるに違いない。

 

商品詳細

・素材:木製、漆塗

・本体サイズ:Φ 12.5 × 7.4 cm

・本体重量:140 g

使用上の注意

強い衝撃は破損につながりますのでご注意ください。