縁起柄の魅力に迫る、日本の伝統的な文様16選

縁起柄の魅力に迫る、日本の伝統的な文様16選

日本の和柄には、縁起がいいとされる柄が多くあります。吉祥文様とも呼ばれるこの文様は、日本の豊かな文化や伝統、そして信仰から生まれ、さまざまな思いが込められています。また、現代のデザインやファッション、アートにも影響を与え、国内外で愛されています。伝統工芸品にも多く使われています。

この記事では、16種類の縁起柄を、どんな利益があるのか、モチーフは何なのかなどに注目して紹介していきます。普段、何気なく目にしている文様に、思わぬ願いが込められていることもあるかもしれません。

海波、七宝、籠目、麻の葉、市松、桜、唐草、鱗、矢絣、立涌、菊、工字繋ぎ、紗綾、菱、扇、亀甲

 

1.青海波(せいがいは)文

扇のような波が重なって描かれた柄です。扇にあやかって「末広がりの幸運」の文様とされています。子孫繁栄や未来永劫などの願いが込められています。古代ペルシアに起源をもち、シルクロードから日本に伝わったとされています。

 

江戸切子の下部に海波文が描かれています。海波文の名刺入れは、縁起担ぎになりそうです。