コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

琉球硝子 | 手作りグラス | 兼次侃公作

 ¥3,300

色の中に息づく、沖縄の明るき海と花

鮮やかな色合いとぽってりしたデザインが特徴の、琉球ガラス。

盛んに作られるようになったのは戦後のことです。アメリ力基地に勤める軍人やその家族から注文が増えたために、軍施設から出たコーラやビールの空き瓶を溶かして再利用することを思い付き、色ガラス製品が作られるようになりました。

厚みがあって、黄や青など色合いが多彩で、気泡が混入しているのは、再生されたガラスを使っているためです。沖縄では琉球ガラスに泡盛を注いで飲む機会が多いため観光客の目にとまり、土産物としても人気を集めました。

現在ではアートとしても注目されており、新たな材料や手法を駆使した作品が続々と誕生しています。一つひとつ微妙に異なる色やカタチ、底部の吹き口の跡などは手作りならでは。急激な温度変化によって生じた細やかなひびは貫入と呼ばれ、高級ガラスとされています。

セット内容

グラス:口径約9cm×高さ8.5cm

高さ8.5cm、容量約350ml×1 

商品詳細

生産地 沖縄県
素材 ソーダガラス
サイズ 口径約9cm×高さ8.5cm
容量 約350ml
重量 450g
箱形状 木箱
箱寸法 約12×12×10cm

使用上のご注意

  • 材質の特質上、ガラスの内部に小さな気泡がみられる場合があります。
  • 納品までにお日にちをいただきますので、在庫確認の上、正式ご注文を承ります
  • 手作り品の為、色・柄・サイズが多少異なる場合があります。
琉球硝子 | 手作りグラス | 兼次侃公作
琉球硝子 | 手作りグラス | 兼次侃公作  ¥3,300