汁碗 | 山中漆器 TSUMUGI | 毬型 MARI | 我戸幹男商店

¥5,500[税込]
  • 汁碗 | 山中漆器 TSUMUGI | 毬型 MARI | 我戸幹男商店
  • 汁碗 | 山中漆器 TSUMUGI | 毬型 MARI | 我戸幹男商店
  • 汁碗 | 山中漆器 TSUMUGI | 毬型 MARI | 我戸幹男商店
  • 汁碗 | 山中漆器 TSUMUGI | 毬型 MARI | 我戸幹男商店

汁碗 | 山中漆器 TSUMUGI | 毬型 MARI | 我戸幹男商店

¥5,500[税込]

幸せを象徴する伝統の形を
リデザインした山中漆器の椀

日本の食文化を紡ぐ椀から、
食卓に彩りを

我戸幹男商店のTUMUGIシリーズは、450年続く山中漆器の歴史の中で生まれた伝統的な形状を、今活躍しているデザイナーたちがリ・デザインし、生まれ変わらせたシリーズ。

その中で、鞠型と呼ばれるこの形は丸い鞠をイメージしたもの。手のひらにぴったりと収まる曲線に、凹む曲線を組み合わせることで、暮らしに馴染むシンプルさと持ちやすさを兼ね備えた汁椀になった。椀は和食に使われる器の中でも重要なもの。

毎日飲むお味噌汁の器として、副菜を盛る器として、さまざまな用途で用いられてきたものだ。手で持った時の感触、口を当てた時の感覚。使い心地がいいものだからこそ、毎日の食卓に彩りを与えてくれる。

実は、金沢では、娘が嫁ぐとき手縫いの鞠を魔除けとしてもたせる風習があったという。花嫁の幸せを願った形は、幸せであれ、という今も変わらぬ思いを込め、結婚のお祝いに贈りたい。

  

シルエットと
木地の美を世界へ 

漆器で知られる石川県の産地の中でも、山中漆器は「木地の山中」と言われ、木目や木の色合いなど、漆を塗る前の器を作る技術を誇る産地。イメージする形状に木を削り出す技術は、薄く、軽く、持ちやすい漆器としても知られている。

 

中でも我戸幹男商店は、明治41年創業の老舗メーカー。長年に渡り木地職人が受け継いできた技術で、精度の高い形状の器を作り出している。和の美意識を感じさせる、轆轤挽き特有の同心円の形状は、それだけでも美しいが、ここに現代の感性が加わって、今の暮らしの中にも溶け込む、機能性の高い器を作り出した。

 

木や漆などの自然美をより引き立てる職人の技術に、機能性とモダンさを兼ね備えたシルエットが加わり、世界から今注目されている。

商品詳細

生産地 石川県加賀市
素材

ケヤキ、ウレタン塗装、漆塗装

サイズ 直径9.8×高さ7.4cm

使用上のご注意

  • 強い衝撃は破損につながりますのでご注意ください。
  • 決済/送料/配送
決済 Amazon Pay, PayPal, VISA, MASTER, AMERICAN EXPRESS, Apple Pay, Google Pay, Shopify pay等で決済可能
送料 国内配送、送料無料
International Shipping feeは3,000円〜
配送 通常注文:ご注文日より3営業日以内に出荷(日曜祝祭日休)。
受注製作:受注後、納期まで約2〜4ヶ月程度
詳細はこちら
ギフト梱包についてはこちら