お椀 汁碗 | 銘木椀 中 | なら | 薗部産業

¥4,180[税込]
  • お椀 汁碗 | 銘木椀 中 | なら | 薗部産業
  • お椀 汁碗 | 銘木椀 中 | なら | 薗部産業
  • お椀 汁碗 | 銘木椀 中 | なら | 薗部産業
  • お椀 汁碗 | 銘木椀 中 | なら | 薗部産業
  • お椀 汁碗 | 銘木椀 中 | なら | 薗部産業

お椀 汁碗 | 銘木椀 中 | なら | 薗部産業

¥4,180[税込]

ころん、と素朴な美しさが
耳慣れた木々の魅力を肌で伝える椀

茶碗と箸は自分のものが決まっているけれど「お椀」は共通、という家庭も少なくない。味噌汁やスープなど、汁物は毎日の食卓に欠かせないもので、お椀は日本の食生活で重要なポジションを占める食器のはず。なのに、お椀は今ひとつ、軽くみられていないだろうか。

そんな暮らしのスタイルを変えたくなるお椀が「銘木椀」。誰もが一度は聞いたことのある6種類の木を使った、木目が美しいナチュラルな雰囲気のお椀だ。ふっくらとしたデザインは、両手でお椀を持ったとき、ぴったりと手のひらに寄り添ってくれる。厚みがあるので手で包み込んでも熱さを感じさせない。子どもたちにも安心して使ってもらえる逸品だ。それぞれの木の特徴を見比べながら、家族みんなで自分だけのお椀を選ぶのも楽しい。

ナラは、ドングリの木のこと。6種の木の中で一番堅く、ずっしり重いのが特徴で、その分、丈夫な木だ。ウィスキーの醸造樽にも使われている。塗装は使いやすく、洗いやすいウレタン仕上げ。毎日使える安心さで、家族で使うお椀として、ぜひ、おすすめしたい。

 木を大切に使う心から生まれた
「毎日使いたい漆器」

銘木椀を生み出したのは、実用漆器の産地でもある小田原で70年以上の歴史を持つ薗部産業。製材から木地挽き、漆の仕上げまで、一手に手掛ける工房だ。長く、ケヤキのお盆を作り、世界に出荷していたメーカーだが、「自分たちが使うもの、使いたいものを作ろう」と、お椀づくりに乗り出した。

多くの漆器産地で、木が生える方向と同じ向きに器を削るのに対し、小田原漆器は、木が生える向きに垂直になるよう木を取る。丸太を少しでも広く使おうという心づかいは、木を大切に使う薗部産業のコンセプト「無理なく、無駄なく、土に還るまで、木を始末よく使い回す」にも現れている。

ナチュラルな木のお椀を毎日使う暮らしの中で、木の魅力だけでなく、木への敬意も伝えたい。そんな心意気すら感じさせる製品は、現代のライフスタイル、ニーズにもあって、多くのファンを獲得している。

商品詳細

生産地 神奈川県小田原市
素材 なら
サイズ

縦11.5×横11.5×高さ6.7cm

※型を使わず手で挽きだす製品のため、サイズは多少異なる場合がございます。

使用上のご注意

  • 強い衝撃は破損につながりますのでご注意ください。
  • 使用後に、長く湯水につけておかないでください。
  • 洗った後は、水気をよく切り、直射日光の当たらないところで保管ください。
  • 電子レンジや食器乾燥機のご使用はお避けください。
  • 決済/送料/配送
決済 Amazon Pay, PayPal, VISA, MASTER, AMERICAN EXPRESS, Apple Pay, Google Pay, Shopify pay等で決済可能
送料 国内配送、送料無料
International Shipping feeは3,000円〜
配送 通常注文:ご注文日より3営業日以内に出荷(日曜祝祭日休)。
受注製作:受注後、納期まで約2〜4ヶ月程度
詳細はこちら
ギフト梱包についてはこちら