大館曲げわっぱ 

大館曲げわっぱ

炊き上がったご飯をいれるお櫃として、毎日活用されるお弁当箱として、注目されている「曲げわっぱ」。杉がご飯の水分を程よく吸収し、もちもちとした食感の、冷めてもおいしいご飯にしてくれると人気だ。そんな曲げわっぱの産地として知られる秋田県大館市。天然秋田杉にこだわり続け、整った木目の美しさを活かした製品は、日本らしさを感じさせる逸品として、フランスをはじめとする海外でも人気を集めている。

武士や農民の暮らしを救った
曲げわっぱ作り

大館で曲げわっぱを産業として作り始めたのは江戸時代初期のこと。古くから、木こりが杉で曲げ物の器を作っていたものを、武士の副業として奨励したことに始まる。当時、冷水害により領民の生活は窮乏していた。そこで、大館城主 佐竹西家は、領内の豊富な森林資源の存在に着目。下級武士たちの内職として曲げわっぱ作りを奨励した。

「お足軽町」と呼ばれ、多くの下級武士が住んでいた現在の大館市常盤木町の辺りには、明治時代には曲物の職人が100人以上いたという。年貢米が納められない農民には、山から城下までの原木運搬をさせたとも言われている。作られた曲げわっぱは、大館市内を流れる米代川を通じて、酒田(山形県)、新潟、関東地方など各地へ出荷された。

自然素材の美しさを活かす、伝統の職人技

大館曲げわっぱに使われているのは、樹齢200~300年の天然秋田杉の柾目。天然秋田杉は、木曽のヒノキ、青森のヒバと並んで、「日本三大美林」の1つの数えられるものだ。米代川流域の山々は雨量が多く、土壌条件も良好であるため、良質の秋田杉が成長する。

「中でも天然秋田杉は成長が遅く年輪の幅が狭くなり、反りや割れに強い杉となるのだ。柾目から漂う芳香と、細かく均等に揃った年輪の美しい模様が、大館曲げわっぱの真髄。鮮虹色や淡黄色を帯びて明るく優美な色合いと、軽くて弾力性に富んでいることも、大館曲げわっぱならではの特徴である。

原木から製品が完成するまでには、最低でも1年以上。天然秋田杉の原木を製材により薄く剥いで、熱湯に漬ける。柔らかくなったところで、曲げ加工を施す。そして、曲げてつくった輪を自然乾燥させた後、重なり部分を接着。山桜の皮で縫い止めをし、底板、蓋板をはめ込み、仕上げ作業を行って完成する。

「昭和に入り、プラスチック製品の台頭から危機に追い込まれた大館曲げわっぱだが、手工芸へのこだわりと、品質向上に対する努力を継続した結果、最近では多くの人に見直されるようになってきた。最近では、コーヒーカップやパン皿などの製品も作られるようになり、自然素材の持つ実用性とシンプルな美しさは、日本ならではの機能美として、世界から注目されている。

大館曲げわっぱ  商品一覧