山下工芸

山下工芸

職人と、製品の質にこだわる竹細工ブランド

伝統を守りつつ、現代に活きる竹細工を作る

株式会社山下工芸は大分県の伝統工芸品、竹細工の製造販売を行っている。しかし単に職人に製品を作ってもらい、それを販売するのではない。扱う竹細工について深く学び、職人も驚くほどの知識をもっている。その知識を基に、多くの職人にどんな品質のどんな商品を作って欲しいのか、をオーダー。個々の職人の技術と市場が求めている商品ニーズを見事にマッチングさせ、見事な竹細工に昇華させる。山下工芸が扱う商品なら間違いない、と言われるだけでなく、職人からの信頼も篤い、そんなブランドだ。

竹の特性、メリットもデメリットも知り尽くしているからこそ、現代の暮らしに寄り添う竹細工製品のアイデアも浮かぶ。伝統の編み方を活用して、竹をアートとして使ったり、竹の柔軟性と強度を活かしたランプシェードを考案したり。山下工芸の豊かなアイデア力と、それに応える職人の技術力があってこそ、美しく、使いやすい竹細工製品が生まれるのである。

環境までも視野にいれた、竹細工の魅力を身近にする商品開発

竹細工の原料となるのは竹林だ。常に新しい竹製品の開発に余念がない、山下工芸の山下社長は言う。「竹の成長は早い。活用されず放置された竹林は森林を侵食してしまいます。里山や森林の環境を守るためにも、全国で増加している放置竹林を活用した商品開発が必要だと思っています」。放置竹林の竹を活用した竹箸のプロジェクトはその1つのカタチだ。 竹林再生のためとはいえ、竹箸を作り上げるプロセスは、竹籠などを作るのと変わらない。竹を活かすためには、長い時間がかかる。

竹を切って、煮沸した後、1カ月半ほど天日に干す。乾いた竹は1本ずつ吹き上げられ、経験に基づく職人の手仕事で、使いやすい竹箸に仕上げられる。持った瞬間に、手に自然に馴染むのは天然素材だから、という理由だけではない。自然環境を守りたいという思いと、竹細工を日々の暮らしに使って欲しいという思いが生んだ、職人技が活きた唯一の「マイ箸」なのだ。 「伝統は守るだけではだめ。伝統工芸の産地が生き残るためには、新しいことも考えていかないと」。山下社長は、常に、別府竹細工の未来のための一手を考え続け、新しい竹細工の魅力を発信しようとしている。

(BUYER’S VOICE):

新しいものに積極的に取り組む、先進的な姿勢メーカーの歴史

山下工芸の社長にお会いしたとき「とても勉強熱心な方だ」と思った。その印象は今も変わらない。伝統工芸の世界に長く身を置き、さまざまな経験を積んでおられるが、新しい取り組みや現象について、貪欲に情報を得ようとされている、これほど積極的な方には、他にいないのではないかと思う。

なかなか新しいものに取り組めない職人さんたちに、さまざまなアイデアやプランをふりかけ、巻き込みながら業界を牽引し、竹細工の業界全体を盛り上げようとしている。そこから生まれるさまざまな製品は、これまでの竹細工のイメージを大きく超え、世界にその魅力を伝えうるものだと感じている。

山下工芸 山下社長 x 日本工芸 松澤 @別府

山下工芸 商品一覧