小さくても存在感たっぷり!茶器の種類と産地

小さくても存在感たっぷり!茶器の種類と産地

の代表的な茶器をご紹介する。

小さくても存在感たっぷり!茶器の種類と産地

「茶器」という言葉から、何を思い浮かべるだろうか。急須や茶碗といったものをイメージする方もいるだろう。広い意味ではそうした茶の湯道具一般を指すが、狭い意味では、抹茶を入れておく容器のことを指す。今回は、この抹茶を入れる器としての「茶器」の種類や産地をご紹介する。

薄茶用の「薄茶器」と濃茶用の「茶入れ」

茶道で出されるお茶には「薄茶」と「濃茶」がある。「薄茶」とは、庭園の茶室などで出されるさらりとした薄めのお茶のことで、「濃茶」とは、抹茶の量に対してお湯が少なめの、どろりとしたお茶のことである。利休の頃は、茶道といえば濃茶であった。

抹茶を入れて茶席へ出すための器については、濃茶用を「茶入れ」、薄茶用を「薄茶器」(または、「薄器」、「薄茶入れ」)と呼んで区別している。「茶器」といえば、薄茶器のことのみを指す場合もある。

薄茶器の種類

薄茶器は主に塗り物で、主な種類には次のようなものがある。

  • 棗(なつめ)

植物のナツメの実に形が似ている器。蒔絵が施されたものや木地のものもある。村田珠光(じゅこう)の時代の羽田(はねだ)五郎が創始したとされている。薄茶器の代表的な種類で、薄茶器のことを「棗」と呼ぶこともある。

  • 頭切(づきり)※寸切とも書く。

頭部を一文字に断ち切った形状の器で、代表は「金輪寺」。「金輪寺」は、後醍醐天皇が吉野金峰山寺(きんぷせんじ:金輪寺のこと)に滞在中、衆僧に茶を賜った時の容器とされている。

※「頭切」と「金輪寺」は別物という説もある。

  • 中次(なかつぎ)

円筒形のほぼ中央に合口があって、身と蓋が分かれている器。合口や蓋の形にさまざまなバリエーションがある。

  • 雪吹(ふぶき)

肩と裾に面がとってある器で、分類としては「中次」に属する。蓋と底の両方に面が取ってあるため、蓋と身が見分けにくい。吹雪の中を歩くと上方も足元も分からなくなることから、このように名付けられたとされている。

茶入れの種類

茶入は焼物が主体。仕覆(しふく)と呼ばれる裂(きれ)で 作られた袋に入れられ、これも茶入とともに鑑賞される。茶入は昔から茶人が大切にしてきた道具のひとつで、名物(めいぶつ) といわれるものが多数存在する。

※「名物」は、見た目が美しいものや名高い人物の所持品など由緒ある茶器全般を指す場合と、千利休の時代に「名物」とされたものを指す場合がある。

茶入れの代表的な種類には、次のようなものがある。

  • 肩衝(かたつき)

文字どおり、肩が張っている形が特徴。

  • 文琳(ぶんりん)

リンゴのように丸い形をしたもの。唐物茶入れの代表的な形。

  • 茄子(なす)

ナスの実に形が似ている器。

  • 鶴首(つるくび)

首が鶴のように細長い形のもの。

  • 鮟鱇(あんこう)

魚のアンコウのように口の大きな器。

  • 四滴(してき)

弦付(つるつき)、手瓶(てがめ)、油滴(ゆてき)、水滴(すいてき)の四つの総称。

弦付:口の上に長めの弦がある。

手瓶:肩から胴にかけて手が付いている

油滴:肩に小さな注ぎ口が付いている

水滴:注ぎ口と手が付いている

裏千家では薄茶器として扱われる。表千家では、「水滴(持ち手と注ぎ口が付いたもの)」を濃茶に用いる。

仕覆の種類

茶入れに着せる「仕覆」の代表的な種類は、次のとおり。

  • 金襴(きんらん)

金糸で文様を織り込んだもの。華やかな雰囲気を持つ。

  • 緞子(どんす)

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)で模様が織られたもの。厚地で光沢があり、格が高い。

  • 間道(かんどう)

縞模様のことで、縦縞や横縞、格子縞、千鳥格子などがある。

  • 紹?(しょうは)

綾織風に文様を織り出したもので、柔らかく、しわが付きにくい。

  • 錦(にしき)

二種以上の色糸で文様を織り出したもの。木綿製と絹製がある。

  • 莫臥爾(モール)

桃山時代にペルシャやポルトガルから入ってきた織物。金や銀を絹糸に巻き付けて、文様を織り込み出したもの。

茶入れの産地

茶入れは濃茶を入れるもの。陶器でできているので、産地によって分けることができる。

中国から渡ってきた茶入れを「唐物」、日本で作られたものを「和物」、東南アジアや琉球から渡ったものを「島物」という。和物では、薩摩焼、仁清、丹波焼、高取焼などがあり、国宝もある。質素な雰囲気のものから華やかな絵付けが施されているものまで、さまざまな種類があるので、それぞれの産地の特徴を見ながら、じっくり好みのものを探すとよいだろう。

まとめ:手入れの仕方

好みに合う逸品を入手したら、取り扱いにも注意したい。茶器を保管する際には、湿気と乾燥に気を付けること。また、蒔絵が施されているものは特に丁寧に扱い、良い状態を保てるようにしたい。抹茶が残っていると、カビの原因になるので、その点にも注意が必要だ。

正しい管理法で保管し、観賞用や実用品として長く楽しめるようにしよう